Mathematica 9 is now available

Mathematica を使った基礎代数

式の因数分解

多くの組込み関数を使って代数式を簡単に操作することができます.この例では式の2つの部分を同時に操作してみます.

[Graphics:Images/index2_gr_24.gif]
[Graphics:Images/index2_gr_25.gif]

Factorを使うと結果を分解することができます.

[Graphics:Images/index2_gr_26.gif]
[Graphics:Images/index2_gr_27.gif]

Factorは入力に最初から含まれていない代数式を導入することはありません.

[Graphics:Images/index2_gr_28.gif]
[Graphics:Images/index2_gr_29.gif]

Extensionオプションは大変強力な要素で,これを使うと特定の多項式を因数分解するのに必要な代数式を指定することができます.次の例では単純な多項式でExtensionオプションを使っています.

[Graphics:Images/index2_gr_30.gif]
[Graphics:Images/index2_gr_31.gif]


方程式を解く

Solveコマンドを使うと,それぞれの変数の値について,方程式あるいは連立方程式を解くことができます.次は簡単な例題で,3x2 = 8 x について解いています.

[Graphics:Images/index2_gr_34.gif]
[Graphics:Images/index2_gr_35.gif]

方程式を記号的に解くことも可能です.次に挙げるのは誰でも知っている2次方程式の解の公式です.

[Graphics:Images/index2_gr_36.gif]
[Graphics:Images/index2_gr_37.gif]

連立方程式を指定した変数について解くこともできます.

[Graphics:Images/index2_gr_38.gif]
[Graphics:Images/index2_gr_39.gif]
[Graphics:Images/index2_gr_40.gif]